おにき皮フ科クリニック

形成外科 診療案内

できもの、あざ、きずなどを、なるべくきれいに治療します
皮膚は全身をつつむ臓器です。皮膚になにか症状がありますと、必ず外見として現れストレスの原因となる可能性があります。
このような、症状の見た目をできるだけきれいにして、機能的にも配慮し治療することが形成外科となります。

形成外科で取り扱う主な疾患、症状

● 保険診療内 レーザー治療

青あざ(太田母斑、後天性メラノーシス、異所性蒙古斑、外傷性くろしみなど)、外傷性入れ墨に対して、健康保険適応でレーザー治療を行っています。
「皮膚良性色素性疾患治療用レーザー装置 ALEXⅡ」詳細はこちら

保険診療内 レーザー治療の効果




☎ 078-935-1212

おかけ間違いのないようご注意ください。